開運招福の観葉植物として人気のミリオンバンブーです。中国や台湾などで、お祝い事などで重宝されている観葉植物のようですが、その姿形をみると、結構この複雑な形には、手間暇がかかっているような気がします。明るい色合いなので、インテリアとしても人気があるようです。(観葉植物のオアシス)

photo_mirion_l_l_02_b.jpg

 

こちらのマングーカズラは、大きな深い緑色の葉っぱが特徴の観葉植物です。あまり街角の花屋さんやホームセンターなどでも見かけることがない、珍しい観葉植物です。モンステラに似ていますが、こちらの方が強健種ではないでしょうか。月日がたつにつれて、だんだん葉っぱが成長してくると、ものすごくボリュームのある緑のインテリアに変身してくれます。(観葉植物のオアシス)

photo_mangu_l_d_02_b.jpg

 

御祝の観葉植物では、一番人気がある観葉植物といえば、この幸福の木ではないでしょうか。スタイルもよく、場所もあまりとらないので、いただいた方もあまり困ることがないような観葉植物です。それと、ネーミング的にも御祝らしいところでも人気があるようです。お手入れも簡単ですが、寒さにはすごく弱いので、冬期の間は贈ることができませんが、それ以外だと、年間を通して流通性があるので準備するお店側でも随分助かっています。(観葉植物のオアシス)

photo_koufuku02_b.jpg

 

お値段的にも非常にリーゾナブルな観葉植物といえば、このホンコンカポックでしょう。昔からある植木で、寒さにも強く、時々、街角の花壇などにも植えられている観葉植物です。もちろん、室内でも育てることができ、比較的、丈夫な観葉植物でしょう。ただ、あまり多くの水を与えすぎると落葉してしまい、こうなるとなかなか復活は難しいかと思います。(観葉植物のオアシス)

photo_kapokku_l_d_02_b.jpg

 

紅白の胡蝶蘭

| コメント(0) | トラックバック(0)

御祝い事には白色の胡蝶蘭以外でも、写真のような紅白の胡蝶蘭が比較的人気があるようです。おめでたいカラーの組み合わせでもあるので、式典などでは、目立つ胡蝶蘭でしょう。流通性も、白色や、ピンクよりも少ないようなので、多少の希少価値もあるのではないでしょうか。(胡蝶蘭のオアシス)

l_1.jpgのサムネール画像

この季節、一番のお薦めはアレカヤシでしょう。葉っぱのボリュームもよく、綺麗な形で仕上がっているので、この季節のオススメの観葉植物のひとつでしょう。結構、水分をおおく吸う植物なので、水枯れには要注意ですが、かといって過湿になりすぎると、根元の方からカイガラムシが発生するので、注意が必要です。(観葉植物のオアシス)

sideimg_07.gifのサムネール画像

きれいな葉っぱが魅力の観葉植物、ソングオブインディアです。明るいイエローグリーンの葉っぱは、お部屋の雰囲気だけでなく、見ている人の心も明るくしてくれる魅力がいっぱいの観葉植物です。リビングやオフィスを明るく飾りたい方におすすめです(観葉植物のオアシス

photo_indio_l_d_02.jpgのサムネール画像

観葉植物のガジュマルです。小さな葉っぱが愛らしく、その独特の根の張り方がとても面白い形で、人気絶好調の観葉植物です。光沢のある、小さな葉っぱがいっぱいのガジュマルは、暮らしの中でさまざまな表情を楽しませてくれる、元気いっぱいの観葉植物です。
テーブルサイズの大きさなので、キッチンやカウンターの上など、ちょっとしたスペースのところでも飾りやすく、さりげない雰囲気で、スタイリッシュな暮らしを提案してくれるインテリアグリーンです。(観葉植物のオアシス)

photo_gazyumaru_l_d_04.jpgのサムネール画像

インテリアなどでは大人気の観葉植物、エバーフレッシュです。落ち着いた雰囲気で、高級感漂うエバーフレッシュは、ゆったりとした居心地のよさを感じさせてくれる人気の商品です。高級家具のショールームなどにも飾られている人気の商品でもあり、ワンランク上の癒やしのひとときをお求めの方にはおすすめの観葉植物です。(観葉植物のオアシス

photo_ebafuressyu_l_d_02_b.jpgのサムネール画像

御存じ、観葉植物、ベンジャミンです。スタイリッシュな形で、愛嬌のある観葉植物なので大人気の観葉植物です。球体状に、まあるく刈り込まれたユニークな姿形が、大人気のベンジャミン。お部屋の中のワンポイント的なグリーンアイテムとして、一度は飾ってみたい、お洒落な観葉植物です。スタイリッシュな暮らしを提案してくれる商品です。(観葉植物のオアシス)

photo_bennjaminn_l_d_02.jpgのサムネール画像